マス目ボコボコシート

ノートやプリントの下じきに紙やすりを使っていた療育現場の工夫を、紙の裏にドットの盛り上がりがあるシートで使いやすく安全に商品化

えんぴつの先が裏面のボコボコに引っかかって書く速度が落ちるので、運筆がコントロールしやすくなります。またザラザラとした書き心地によって、「書いた」刺激を受けながら文字を書くことができます。筆圧が弱い子でも紙に引っかかりやすくなるので、安定した線が引けるようになります。

裏面ドットの種類は3種類。手に伝わる「ザラザラ感」がそれぞれ違います。手先が不器用で受け取る感覚も強めを好む子どもは一番目が粗い1.2㎜ドットを好む傾向にあるようです。

表面のマス目の種類は4種類。マス目サイズの大小、補助の十字リーダー線のあり・なしで難易度を変えています。

裏面のドットの大きさは3段階

【0.6mmドット】

【0.9mmドット】

【1.2mmドット】

マス目ボコボコシート 商品一覧

マス目(大)十字リーダー入り

マス目(大)十字リーダー入り

ドットの大きさは0.6mm、0.9mm、1.2mmの3段階あります。

この商品の詳細とご購入はこちら

マス目(大)十字リーダーなし

マス目(大)十字リーダーなし

ドットの大きさは0.6mm、0.9mm、1.2mmの3段階あります。

この商品の詳細とご購入はこちら

マス目(小)十字リーダー入り

マス目(小)十字リーダー入り

ドットの大きさは0.6mm、0.9mm、1.2mmの3段階あります。

この商品の詳細とご購入はこちら

マス目(小)十字リーダーなし

マス目(小)十字リーダーなし

ドットの大きさは0.6mm、0.9mm、1.2mmの3段階あります。

この商品の詳細とご購入はこちら

お試し版

お試し版

どのマス目、どのドットの粗さがお子さんに合うか確認・お試しいただけるように、全12種類が3枚ずつの計36枚入っているアソートパックを作りました。
まずこのセットでさまざまな書き心地を試してから、1種類ずつのセットで重点的な練習をおすすめします。

この商品の詳細とご購入はこちら

教材使用者の声

「マス目ボコボコシートは、マス目(大)がお気に入りで、下じき代わりにノートに挟んで使うと、ゆっくり書くことができる。」

Page Top